赤嶺 学


あかみね まなぶ


自転車 × アート


 沖縄に生まれ、現在も沖縄の地で作陶を続けている。サイクリストでもある彼は自転車をモチーフにしたオブジェを多数制作している。赤嶺が小学生のころ、新聞配達で貯めたお金で初めて買ったものは自転車であった。中学に進むと自転車競技を体験。高校生の時には、1987年に控えていた沖縄海邦国体に向けての若手選手育成の自転車競技の強化選手としてスカウトされ、沖縄県からロードバイクを支給され強化練習に参加するなど、陶芸作家としては異色の経歴の持ち主で、その自転車に対する愛情は本物である。

 

 その後、沖縄県立芸術大学に進学し、陶芸作家として独立。その後も自転車への情熱は失われず、仕事の合間をぬっては3台の愛車(Gary Fisher、BALFA、CHERUBIM)の整備をおこない、寝ても覚めても自転車のことばかり考え続け、気がつけば、粘土で自転車の作品を作りだしたことが「アカミネサイクル」のシリーズが生まれたきっかけであった。その柔らかで有機的な生き物のようにも見える自転車作品には注目が集まり、多くのファンを魅了している。また、アカミネサイクル製の全ての「製品」には固体が識別できる生産ロットナンバーが割り当てられるなど、工業製品に対するオマージュが込められている。

 

 

略 歴

 

 

 

 

SOKYO Galleryはツール・ド・おきなわ2015大会に協賛しています

 

 

 

 

 

アカミネサイクル製品のご案内

 

 

 

ツール・ド・おきなわ2015大会の国際レース優勝者に授与されるトロフィー。完成次第随時公開予定

 

 

 

お皿などの「うつわ」に自転車をイメージしたスケッチを描くシリーズ。サイクリストが愛車を眺めながら使いたいうつわ

 

 

 

 

ツール・ド・フランスからインスピレーションを得て生まれた、自転車と花が結びついたオブジェシリーズ「flower」

 

 

 

 

自転車フレームに注目したアカミネサイクルの初期からのテーマのひとつ。フレームコレクション

 

 

 

 

アカミネサイクル2015京都店「フレームコレクション/スケッチアンドオブジェクト」(2015.7.31〜8.5)のご案内

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

ーお問い合わせー

現代美術 艸居(そうきょ)

〒605-0089 京都市東山区古門前通大和大路東入ル元町381-2

Tel: 075-745-4456 Fax: 075-746-4457

E-mail: info@gallery-sokyo.jp  http//www.gallery-sokyo.jp

PAGETOP